沼の中から

「かわいい」しか言えない

独り言

超特急コーイチの脱退発表があってから明日で早1ヶ月だ。私にとっては死ぬほど長い1ヶ月だった。

 

やっと先日、6人の超特急を見た。

始まる前は「実感が湧かなくて泣かないかもしれない」と思っていた。披露する曲もPOLICEMENとかpretty girlとか、あまりフォーメーションを変えず、尚且つタカシくんがあまり踊らなくて済む曲をやると思っていた。フェスの大定番、バッタマンやBurn!は名前コールがある。バッタマンはコーイチが好きだった曲であり、「超特急で食ってきたい」もコーイチ発案の歌詞である。超えてアバンチュールはフォーメーション変更が大変かもしれない。なんて、無駄な予想を友人としては結局分からないなと思っていた。

 

 

overtureが流れた。ドキドキした。ワンがどうなっているのか、全く想像は付かなかった。ワンのタイミングの光は赤だった。いつもメンバーカラーに光るナンバーのところは全て無関係のカラーで光った。そうか、そう来るか、と思った。そして出てきた6人の超特急を見ても違和感を感じない程彼らは大きく、堂々としていた。

 

最初の曲のイントロがかかった瞬間、目が点になった。予想だにしていなかったBeasty Spiderだったからだ。この曲はダンスナンバーでありフォーメーションがしっかりとしている印象がある。どう変えて来るのか、どう埋めて来るのか、どう6人の超特急で違和感なく見せてくるのか、色々な不安な感情が交差した。でもそんな不安とは裏腹に超特急は完璧だった。完璧に仕上げてきて、6人でもやっていけると、むしろ初めから6人だったかのような、非の打ち所がないパフォーマンスを魅せてきた。超特急は私が思う以上に強くて、プライドが高くて、向上心を持っていて、止まっていなかった。ダンサーが前で踊りタカシくんが後ろで1人で歌う。その姿が完璧過ぎて思わず号泣してしまった。だが、2サビになるとタカシくんの左側に1人分のスペースが出来た。下手だったからそう見えただけだったかもしれない。でも確かにその時私は「1人足りない」と思った。さらに涙が出た。怒りとか悲しみとか、そういう感情でもなければ虚無感を感じたわけでもなかったと思う。初めは超特急が完璧過ぎて泣いていたけれど、次第に自分がなんで泣いているのか分からなくなっていた。

 

2曲目は絶対やらないと思っていたバッタマンだった。驚いた。本当に超特急は強くて、良い意味で予想を裏切って来るなと改めて思った。こんな時に思いたくなかったけれど。2番Aメロ、コーイチカリョウガタカシでひし形になって踊るところはコーイチの場所が空いたままだった。何故か違和感は感じなかった。不思議な気分だった。でもやっぱり足りないと思った。

 

3曲目はさらにまさかのMy Buddyだった。なんで超特急ってこんなに強いんだろう。強くあろうとするんだろう。3曲目にして既にこのセトリは勝負なのだな思った。別に勝ち負けとかはないけれど、いかに自分達が強いか、プライドを持って超特急をやっているのかの勝負だ。

1サビの "You are my Buddy" で「私2番聴けるかな?」と思った。タカシくんとはかけ離れたコーイチくんのあの特徴的な "You are my Buddy" の歌い方が恋しくなりそうだと思った。ソワソワしていたが、予想もしていなかった2番カットに加え、タカシくんの "You are my Buddy" の掛け合いはダンサー全員の "We are the Buddy" だった。こんなのズルいと思った。バッタマンの掛け合いもそうだったが、掛け合いのみをダンサーが歌うことでタカシくんが1人で歌えないところを補う。パフォーマンスの質の高さが売りである超特急がパフォーマンスの質を落とさず、メインダンサーバックボーカルというコンセプトを貫いたままパフォーマンスをする。どうしようもなく好きだと思った。6=100%にするために試行錯誤したパフォーマンスは本当に凄いと思った。そしてやっぱり完璧だなと思い、泣き続けた。

 

4曲目のKiss Me Babyもやらないと思っていた曲だった。ここまで言ってると何ならやると思っていたんだ?という感じだが、15ペアダンスもあるKMBはまさかだった。だから2番をカットして寸劇に入った時は正直ホッとしたし安心した。そして寸劇を見てこの日初めて笑えた。「あー、今日も超特急アホだなあ」と思った。褒めている。かわいいかわいいバレンタイン・キッスも見れた。きすの天ぷらが6個だったのはタカコ自身の分ってことにしておいてあげよう。自分のために。ああ、でもコーイチのコールの声が死ぬほど大きかったな。なんでここにいないんだろう。

 

5曲目のLove againも想定外だった。なんだかこの辺りからふわふわして、疲れて、現実味がだんだん無くなってきてあまり記憶がない。フルではやらなかった気がする。MCで新体制についてサラッと触れられた時も、もうふわふわしていて涙は出なかった。6曲目のDrive on weekは武勇伝が面白かったなあ。ネタがシビアで爆笑した。号泣の後は爆笑とか私の感情忙しいな。7曲目の超えてアバンチュールも予想外だったけど楽しかったなあ。

 

最後の曲はburn!だった。やるなら名前コールのところでユースケが喋ってコール出来ないようにするのかな?という話を友人としていたから、まあ予想通りだなと思った。最初丸3曲泣き続けたからもう泣かないだろうなと思っていたけれど、タカシくんの「僕達は強くなっていきます!」でまた泣いた。本当に本当に、どうしようもなく強いから困ってしまう。置いていかれてしまいそうなくらい強い。まさに進むメンバーと止まるオタクの図だ。メンバーは何も悪くないけれど。でもやっぱり、最後みんなで集まって曲が終わるところで真ん中にコーイチがいないのは全然理解出来なかった。カイくんもユーキくんも手が余ってるよ。私がそう見えたいだけで本当はそんなことないんだけど。

 

 

6人の超特急について書こうと思ったけれど、結局ただのPERFECT VALENTINEのレポみたいになってしまったな。ライブから2日経ったけれど、続々と更新されるSNSに触発されて気持ちの整理をしたくなったんだけども。上手くいかないなあ。ただの独り言すら上手く言えないくらい、自分の感情が何も分かっていない。

ただ、今夜はコーイチに戻って来て欲しくて仕方なかった。やっぱりなんで辞めたのか分からないし、今でも戻って来てほしいと思うし、7人の超特急が世界一だって6人の超特急に不義理なことを思ってしまう。この長い長い1ヶ月の間に色々あったせいで、コーイチは恐らくもう戻って来ないと悟ったし理解もした。でもやっぱり「なんでコーイチ辞めたの?なんで戻って来ないの?なんで理由すら言ってくれないの?」って聞き分けの悪いなんで星人に定期的になってしまうから困る。きっと戻って来ないことは理解していても、辞めたことは理解出来てないんだろうな。

 

 

PERFECT VALENTINEで6人の超特急を見てやっていけると思ってしまったのは事実だ。いや、この言い方は失礼かな。6人の超特急がやっていけると思ったのは、6人でも東京ドームに行けると思ったのは事実だ。彼らは強い。支えてくださいと言っていた彼らに支えられているのは私の方だ。6人は止まらずに進んでいくだろうし、これからも強くあり続けるだろう。そして私が超特急を好きな限り、一緒に苦しみもがきながら必死にしがみついていくだろう。

7人で東京ドームに行きたいと言ったコーイチの言葉が嘘ではないと、私は永遠に信じ続けるだろう。コーイチは超特急とメンバーのことが大好きで大切で宝物だったと、私は永遠に信じ続けるだろう。間違いなく超特急はコーイチの居場所だった。「コーイチに戻って来てほしい」この気持ちが消えることはないだろうけれど、いつかこの脱退が笑い話になる日が来ると信じて今は6人の超特急の成長を見ていきたい。

 

 

あんなに大きいコーイチの名前コール、初めて聞いたな。なんでコーイチいないんだろう。悪い夢、早く覚めないかな。

超特急のコンビ「稜海」について

世のコンビ厨にもっとこの2人の魅力を知ってもらいたい!!!!!(切実)


とにかくこの2人スゴイんです!!自分達で稜海カッポゥ☆とか言っちゃうし、記念日あるし、一緒に帰り続けて4年以上経つし、なんかもう色々ヤバイ。




そもそも「稜海」というのは、スターダストプロモーション所属・メインダンサーバックボーカルをコンセプトとした「超特急」という7人グループのメンバーです。その中の2人、2号車カイ(小笠原海)3号車リョウガ(船津稜雅)によるコンビ。ちなみにカイくんが神秘担当でイメージカラーは、リョウガさんがガリガリ担当でイメージカラーは。2人とも1994年生まれの同期。そしてリョウガさんは超特急のリーダーでもあります。

左:3号車リョウガ 右:2号車カイ↓
f:id:kBaTi:20160522135423j:image



2人の出会いはEBiDAN(スターダストプロモーションに所属する若手男性俳優・タレントで構成されたアーティスト集団、演劇集団。「恵比寿学園男子部」の略である。Wikipediaより)のレッスン。

各々が自己紹介で自分の将来の夢などを話す中、リョウガさんはなんと「嫌いな食べ物はエビです。なぜなら、最初は好きだったけれどお母さんが背わたを抜いてるのを見て嫌いになりました。」って言ったんです!クセが強い!それを聞いて「なんだこいつ」って思うカイくん!かわいい!!(口癖) 


このエピソード、それぞれの第一印象は?ってインタビューで聞かれると必ずカイくんが話します。かわいい。ちなみにリョウガさんからカイくんへの第一印象は「頭がいい」。




そんな衝撃的な出会いをしてから時は過ぎ2011年12月25日、超特急結成。
その翌年2012年3月10日、映画デートをして稜海カップルとなりました。
スゴイ!デートしてカップルになったんだって!どこのリア充だろう!?
ちなみにその時のブログがこれ↓
……かわいい!!!!!(3回目)

後のブログでお互いのことを相棒と言い合っている仲睦まじい様子とかが伺えますが、見ててとっても微笑ましい。プライベートでも1番一緒にいる時間が多いんだって。本当にかわいいね。

そんなこんなで記念日3/10。現在5年目です。長い。
1年記念日はお互いのブログで盛大にお祝いをし、ツーショットを載せ、ダンサーからもお祝いをしてもらっていましたがそれ以降何もなし。悲しい。5年記念日に期待。



そして2人とも神奈川県出身。なんと2人は家の方面的に電車が同じで一緒に帰っているんです。4年以上一緒に帰っているってスゴくない!?!

さらに、そんな帰り道に起こった出来事をたまに話してくれたりブログに書いてくれたりします。いつもありがとう。しかし残念ながら最近はちょっとご無沙汰気味。

数あるエピソードの中で私が1番好きなのは、「君達は普段から人に優しくしていますか?」の問いに「リョウガが僕に席を譲ってくれます」と相棒のことを話したカイくん。(超特急のふじびじスクール!#32より)
かわいい!照れちゃうリョウガさんもかわいい!!




そんな稜海にも俗に言う氷河期みたいなものがありました。今思うと普通に仲良しだったし、そんなことなかったのかな?とも思うんだけど雰囲気が氷河期だった。と思ってます。個人的な感想なので異論は認めます。

期間は2014年上半期頃。それまでお互いのブログに週1〜5とかで載っていたツーショットが全然載らなくなったんです。あと距離が遠い。表情も微妙。そしてなにより雰囲気がなんかちょっと違う。

それなのにこの時期にリリースイベントをやっていたSingle「ikki!!!!!i!!」では色違いの同じ衣装を着ていて、シンメ。
さらに4月の頭、初めて髪を染めたリョウガさん。実はカイくんの行きつけの美容院に一緒に染めに行っています。
その時の写真がこれ↓f:id:kBaTi:20160522025129j:image
ふ、2人とも笑ってーー!?!そもそもなんでカイくんの行きつけの美容院!?あっリョウガさん茶髪も似合うね!カッコいいよ!うん!!


…まあこんな感じで「氷河期とは…?」という一面も多々(多々)あるんですけど、やっぱり個人的にこの時期は氷河期かな〜って思ってます。

稜海ってなんなんだろう……(哲学)




そんな氷河期の後、超特急はニコ生に冠番組を持ち月1で配信することになったんですけど、これがまあスゴイ。もうスゴイとしか言えない。稜海ワールド全開。号車順で座っているので基本隣な2人、スゴイ(語彙力の欠如)

必ずリーダーであるリョウガさんが司会をするコーナーがあるのですが、この時が1番スゴイ。隣に座っているカイくんが台本を覗き込むまでは普通(なのか?)なんだけど、気が付いたらリョウガさんが読むところを指でなぞって教えてあげてます。読めない漢字も教えてあげます。カイくんってリョウガさんのなんなの!?ってくらい(勝手に)アシストします。

まるでリーダーと副リーダーのような、生徒会長と副会長のような、社長と秘書のような、そんな関係だなってその時思いました。稜海ちゃんかわいいね!!!(号泣)




そして稜海を語る上で欠かせないのがカイくんの鎖骨
頭の回転が早く、人間コンピューターとも呼ばれている(褒め言葉なの?って思うけどリョウガさん曰く「カイが喜んでるからいい」らしい。お前はカイくんのなんなんだ。)カイくんの数少ない弱点。それが鎖骨。超特急のふじびじスクール!で「小笠原の鎖骨に触ることを禁ずる」ポスターを作っちゃうくらいダメ。洋服が当たるのもダメ。ツアーTシャツも首元切っちゃう。でもネックレスは大丈夫(なんで?)

「元々弱かったんだけど、リョウガが面白がって触るから本当にダメになっちゃった。」らしい。
…なにしてんのリョウガさん!?!


そんなカイくんの鎖骨事件が起きのは2015/6/29、川崎 CLUB CITTA'で行われた2部制のイベントの最中。
前日、2015/6/28のブログで「カイはそういや鎖骨触ってないから明日触るし」と宣言したリョウガさんはまず1部で曲中にカイくんの鎖骨を触りました。怯えるカイくん!本当なにしてんのリョウガさん!面白がらないで!?!

そして2部。No.1の曲中にまたもや触った。触った。結果、カイくんが倒れました。ギャーーーー!!なんとか起き上がったカイくんは衣装であるスカジャンのファスナーを閉めて明らかにフラフラで踊っていたそう…。
曲も終わりある程度落ち着いたカイくんはまず戻ってリョウガさんの肩にパンチ。かわいい。張本人であるリョウガさんは御自慢のイケヴォでボソッと「前、開けろよ」と言ったらしい。少女漫画かよ!まあそんなんで前開けるわけないよね、って思ったけど開けた。開けました。不満気だけど開けました。

カイくんリョウガさんに甘過ぎでしょーーーー!?!かわいいね!?!?!

全く反省していないリョウガさんのブログがこちら↓
怯えてるカイきゅんもかわいいね♡ ってちがーう!かわいいけど!違う!「リョウガめ、、、一生恨む。(笑)」ってカイくん言ってるから!

この後現在までに鎖骨触ったことあったかな…と思ったけど確かあります。例えば目隠ししてるカイくんの鎖骨触ったりとか。さらに「いけ!誰か鎖骨舐めろ!」とか言ってます。もう分かったから裏でやって(呆れ顔)







さあ、気付いたら3000文字になろうとしてました。ビックリ…これでもまだ全然書ききれてないことにビックリ。でもそろそろ飽きた頃合いだと思うので〆たいと思います。


メンバーみんなに好かれていて、それに気付いているのかいないのか、弄んでるのか弄んでないのか、よく分からないラノベの主人公みたいなリョウガさんと、まるで少女漫画に出てくるような男の子なのにリョウガさんには甘いカイくん。
「リョウガと一緒にいると落ち着く」の破壊力はスゴイ。何者なんだリョウガさん。


でもこの2人が超特急じゃなくて学校の教室で出会ってたとしたら友達じゃなかったんだろうなあ〜って思います。
まあリョウガさん本人に「超特急とかEBiDANじゃなくても出会ってたと思うメンバーって誰ですか?」って聞いたら「んー…誰だろう……カイ、カイは髪色が派手だから、出会ってたというより見つけてたんじゃないかなあ」って返ってきたのですが…。(内心髪色かよ!と思ったのは秘密)

やっぱり出会うべくして出会ったし、なにがあってもこの2人は出会ってたのかもしれない。運命ってすごい!神様ありがとう!!



全然2人の魅力を伝えきれてないけれど、少しでも稜海のことが気になってくれる方がいたら幸いだなと思います。
気になったら是非!ググるなり動画を見てみるなり公式ブログで「稜海」と検索をかけるなりしてみてください!!とりあえずヤバイです(ボキャ貧)

拙い文章でしたがここまで読んでくださりありがとうございました!!